4月は2回。

銚子の寿司と言えば、もちろん『やましん』さんですが、
4月は部長が来てくれたので、嫁と出かけたのも合わせて2回お邪魔してしまいました。


e0242493_2150509.jpg


まずは部長との会食時、久々に鳥取の小さな蔵の大吟醸が手に入ったとのことで頂きました。
この日のは熟成が短くフレッシュ感があって、香りの良い吟醸酒で良かったです。


e0242493_21533333.jpg

e0242493_21535777.jpg

e0242493_21541592.jpg

e0242493_21543263.jpg


部長と来るとつまみが多くなるのはいつものことですが、この日は
煮鮑、伊勢海老の雲丹焼き、エシャロットの自家製もろみ味噌添え、刺身盛でした。

久々に出たエシャロットに付いてるもろみ味噌がとても良いんです。

刺身は関アジ、平貝、本鮪の中とろと赤身でしたが、どれも唸りました。


e0242493_21585383.jpg

e0242493_2159127.jpg

e0242493_21593146.jpg


握りはまず赤身が2貫、平貝の漬け、車海老、真鯛の炙り、そして贅沢軍艦雲丹いくらです。


e0242493_223198.jpg

e0242493_224640.jpg

e0242493_2235172.jpg

e0242493_2243454.jpg


お馴染み、閖上産の赤貝は流石の秀逸さです。
本ミル貝の漬け、昆布締めのキス、生の鮑、関アジ、穴子です。

生の鮑は硬いのであまり得意ではありません。
香りは良いんですがね。

その他のネタはどれも美味しいもので満足出来ました。
[PR]
by drhigekuma | 2013-05-10 22:09 | 美味しいもの | Comments(0)
<< 4月は2回、続き。 シャングリラ泊、すし匠 >>