「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:美味しいもの( 33 )

銚子の鮨は

やはり銚子の鮨と言えば、『やましん』さんです。

部長も少し立場が変わったので、前より来られなくなってしまいましたが、先日も久々に御一緒しました。


e0242493_208723.jpg


最初のおつまみ二種は煮鮑とミル貝です。
お酒はいつもの鳥取の大吟醸です。


e0242493_20171311.jpg


賀茂茄子の雲丹焼きです。


e0242493_2018540.jpg


郡上八幡の上流で獲れた天然の鮎の塩焼きです。
これは最近食べた鮎の中でも断トツの旨さでした!!

まず香りが素晴らしい!
河の香りなのか、苔の匂いなのか、蓼の香りか、とにかくこの鮎の獲れた場所が想像出来る感じなんです。

そして肝と言うか内蔵部分がほんのり苦味を感じるものの、それを上回る甘みと香りが凄いんです。

これぞ本物の鮎って感じでした。


e0242493_2025811.jpg


天皇陛下が食べると言う天然の車海老の生の握りです。
甘さが半端無くてビックリだし、歯ごたえもぷりっぷりであり得ない感じです。


e0242493_20271097.jpg


この時期一番良いと言われている佐渡沖の定置網で獲れた本鮪の赤身です。
大間にはかなわないものの、今食べられる最高の鮪でしょう!


e0242493_20284546.jpg


脂の乗ったコハダと眞子鰈です。
染み出る脂の旨みのコハダ、さっぱりした脂を感じる鰈、どちらも夏らしくて良いですね。


e0242493_20331856.jpg


生の鮑と本ミル貝のヅケです。


e0242493_20335890.jpg


川に入る前に獲った鱸の炙りと関鯵です。
関鯵は流石の旨さですが、今日一かと思うくらい良かったのが鱸の炙りです。

香ばしさと甘みが抜群のバランスでした。


e0242493_20381247.jpg


毎度お馴染み、贅沢軍艦はエゾバフン雲丹とイクラのコラボが上々でした。


e0242493_20385814.jpg


ここん家の穴子はとにかく大きい、柔らかい、ふっくらしてるのが特徴です。
もの凄い量の山葵をものともしない絶品のお味はいつも最高です。


e0242493_2041187.jpg

e0242493_20421924.jpg


お吸い物、デザートで終了です。

う~ん、ここもやはり旨い寿司屋です!
[PR]
by drhigekuma | 2013-07-20 20:42 | 美味しいもの | Comments(0)

4月は2回、続き。

部長との会食は予め決まっているので予約して行きますが、嫁と行く時はけっこう急なことが多く
当日の午後に電話して、良いネタが入っているか確認してから行くことが多いです。


e0242493_22142050.jpg


前回と同じく鳥取のお酒があったので、烏賊と一緒に頂きました。


e0242493_221605.jpg


新物の自家製ガリを出してくれました。

やや酸味が立っている感じは新物ならではでしょうか、もう少し置いておくとまったり仕上がるんでしょうね。


e0242493_22183684.jpg


本鮪の赤身2貫から始まります。
5日ほど寝かした身はねっとり感と旨みがマッチし、ほんのり広がる赤身の酸味が美味しさを際立てます。


e0242493_2221616.jpg

e0242493_22222054.jpg

e0242493_2222558.jpg


真鯛の炙り、煮蛤、細魚の昆布締めです。
江戸前の仕事がされたネタが続き、旨さが微笑みに変って行きます。


e0242493_2225819.jpg

e0242493_22261884.jpg

e0242493_22272029.jpg


車海老、いくら、あおり烏賊です。
文句無く美味しいです。


e0242493_22293993.jpg

e0242493_22294971.jpg

e0242493_22304578.jpg


煮鮑、平貝の漬け、キスの昆布締めです。

こういう手の込んだネタが美味しいんですよ!


e0242493_2233168.jpg

e0242493_22334826.jpg

e0242493_22341542.jpg


閖上の赤貝、東京湾の江戸前穴子、とろたくで終了です。

本物は違いますね。

あ~、美味しかった!!
[PR]
by drhigekuma | 2013-05-11 09:10 | 美味しいもの | Comments(0)

4月は2回。

銚子の寿司と言えば、もちろん『やましん』さんですが、
4月は部長が来てくれたので、嫁と出かけたのも合わせて2回お邪魔してしまいました。


e0242493_2150509.jpg


まずは部長との会食時、久々に鳥取の小さな蔵の大吟醸が手に入ったとのことで頂きました。
この日のは熟成が短くフレッシュ感があって、香りの良い吟醸酒で良かったです。


e0242493_21533333.jpg

e0242493_21535777.jpg

e0242493_21541592.jpg

e0242493_21543263.jpg


部長と来るとつまみが多くなるのはいつものことですが、この日は
煮鮑、伊勢海老の雲丹焼き、エシャロットの自家製もろみ味噌添え、刺身盛でした。

久々に出たエシャロットに付いてるもろみ味噌がとても良いんです。

刺身は関アジ、平貝、本鮪の中とろと赤身でしたが、どれも唸りました。


e0242493_21585383.jpg

e0242493_2159127.jpg

e0242493_21593146.jpg


握りはまず赤身が2貫、平貝の漬け、車海老、真鯛の炙り、そして贅沢軍艦雲丹いくらです。


e0242493_223198.jpg

e0242493_224640.jpg

e0242493_2235172.jpg

e0242493_2243454.jpg


お馴染み、閖上産の赤貝は流石の秀逸さです。
本ミル貝の漬け、昆布締めのキス、生の鮑、関アジ、穴子です。

生の鮑は硬いのであまり得意ではありません。
香りは良いんですがね。

その他のネタはどれも美味しいもので満足出来ました。
[PR]
by drhigekuma | 2013-05-10 22:09 | 美味しいもの | Comments(0)

6人で寿司

最近お気に入りの荒木町の『鮨 てる』さんに行って来ました。

僕ら夫婦と両親、それに妹夫婦の6人です。


e0242493_16591089.jpg


実家から徒歩5分くらいですが、母親が足が悪いので車椅子で連れて行きます。


e0242493_1705114.jpg


カウンター7席のお店なので実質貸切となってしまいました。


e0242493_1733862.jpg


御主人の宮崎さん、38歳だったかな・・・
とても背が高く笑顔が優しい素敵な職人です。

もう名店の域に届いているのではないかと思うくらい美味しい寿司を握ってくれます。


e0242493_17114387.jpg


まずは広島の「寶剣」と言う日本酒を頂きます。

この店は日本酒3種類、ビール2種類、シャンパン1種類と決まっているのですが、
つまみには日本酒をと思っているので、いつもこれを選んでしまいます。


e0242493_17144684.jpg

e0242493_17145245.jpg

e0242493_17153861.jpg


ホタル烏賊、ほうぼうと平目のお造り、縞海老とどれもとても美味しいつまみです。


e0242493_17185774.jpg

e0242493_17192353.jpg

e0242493_17194626.jpg


続いて鰹のたたき、蒸し鮑とトリ貝、そしてトドメの琵琶湖産の稚鮎の塩焼きです。

鰹もすごく味が濃くて美味しかったし、蒸し鮑はいつも通りメチャ旨いし、トリ貝も生で瑞々しく最高だし、
サラマンダーでじっくり焼いた稚鮎は頭から全部食べられて、ほんのり感じる苦味がもう堪りません。


e0242493_17235764.jpg


握りに入るところからシャンパンに変更です。

こちらは「ルイロデレール」ですが、寿司と良く合って良い感じです。


e0242493_17255774.jpg

e0242493_1734041.jpg


平目にスミ烏賊です。
青森産の平目はやはり房州産に比べてグッと旨みが強くて美味しいですね。


e0242493_17365970.jpg

e0242493_1737191.jpg

e0242493_1738890.jpg


赤貝、こはだ、車海老と続きます。
さすがの閖上産の赤貝は香りが抜群、こはだの締め方も好きですね。


e0242493_1741103.jpg

e0242493_17413718.jpg

e0242493_1742193.jpg


きちんと朧を噛ませた春子鯛、雲丹、鯵、どれも美味しい握りに仕上がっています。


e0242493_1744224.jpg

e0242493_17442550.jpg


さっと浸けた赤身と中とろも美味しかったです。


e0242493_1745412.jpg

e0242493_17463493.jpg

e0242493_17464150.jpg


塩で頂く用とツメで頂く用と別々に煮られている穴子はどちらで食べても最高です。

この日も大満足でした。

この店の唯一の不満は予約がなかなか取れないことです。

まぁこれだけの味で、コスパ十分なので無理ないでしょうが、
早く次の予約しなくちゃ!
[PR]
by drhigekuma | 2013-04-16 17:50 | 美味しいもの | Comments(0)

いつもの寿司屋も

取引先に珍しいお酒を頂いたので、嫁と二人で「やましん」さんに持ち込んで寿司を食べて来ました。


e0242493_17202828.jpg


話が前後してしまいましたが、『獺祭』という山口のお酒を呑んだのはこちらの方が先でした。

これはお試しセットで精米歩合が23%、39%、50%の3種類がセットになっているものです。

どれも個性があって良いお酒でしたが、寿司に合わせるのは39%くらいが丁度良いのかも知れません。


e0242493_17294832.jpg


付け出しに天然とらふぐの唐揚げを頂きました。

この日食べたのは、大間の本鮪の赤身、青森の平目の昆布締め、車海老、赤貝、煮蛤、蒸し鮑、烏賊、中とろ、ふぐ、こはだ、本みる貝の浸け、穴子、とろたく巻き、干瓢巻き、贅沢軍艦でした。


e0242493_1732077.jpg

e0242493_17382690.jpg


なかでも秀逸だったのが、平目に赤貝でした。


e0242493_17391854.jpg

e0242493_1740026.jpg


煮蛤に中とろも良かった!


e0242493_1741229.jpg

e0242493_17414124.jpg


鮑にふぐも捨て難い逸品でした。

どれもやはりレベル高く美味しくいただけました。


別の日、上司とも行ってきました。


e0242493_17433577.jpg

e0242493_17442459.jpg

e0242493_17444082.jpg


上司と一緒だとつまみが多くなりますが、この日は鯛の子の炊いたものや蟹の身のいくら合え、蟹の甲羅焼きなど豪華に頂きました。


e0242493_17462225.jpg


合わせて出してくれたお酒は広島の『華鳩』の吟醸酒で、とても香りの良い美味しい日本酒でした。


e0242493_17511547.jpg


握りはだいぶかぶっているのですが、細魚と平貝の炙りが美味しかったですね。

ごちそうさまでした。
[PR]
by drhigekuma | 2013-03-27 17:53 | 美味しいもの | Comments(0)

新規開拓寿司店

後輩が飯岡バイパス沿いに美味しい寿司屋を発見したとのことで、4人で行って来ました。


e0242493_16353344.jpg


後輩達もカウンターは初めてとのこと、カウンターのみ禁煙となるようです。
まぁ、このあたりでは禁煙の店が数えるほどしか無いのが現状ですからカウンターだけでも禁煙にしてくれてありがとう!って感じですね。

カウンターは6席プラスαで、正面にはたくさんの江戸切子のグラスが並べられ、日本酒はこれらのグラスで飲めるようになっています。


e0242493_1644359.jpg

e0242493_16445947.jpg


大将が選んだグラスは上が僕用、下が嫁用でお酒は『獺祭45』をチョイスしました。
なかなか珍しいお酒を用意してあって驚きました。


e0242493_16504157.jpg


付け出し代わりの最初のおつまみは雲丹と甘海老の和え物で、なかなか美味しく頂けました。


e0242493_16531136.jpg


続いて頂いたのは白子と蛍烏賊のポン酢和えです。
どちらも良いお味なんですが、おつまみにしては量が多すぎでした。


e0242493_16553637.jpg


煮鮑はかなりレベル高く仕上がっていました。
柔らかく旨みも十分で、ツメも甘過ぎず辛すぎず良い塩梅でした。


e0242493_1659145.jpg

e0242493_16591293.jpg


ここからは握りで、まずは近海物の平目、春子鯛を頂きました。


e0242493_173165.jpg

e0242493_174195.jpg


閂の細魚に小肌と光物を続けて頂きます。
どちらも美味しい握りになっていました。


e0242493_1762715.jpg


ここで『獺祭45』が切れてしまったので、モエにチェンジです。


e0242493_1783687.jpg

e0242493_1785319.jpg


昆布締めのキスと煮蛤と江戸前の仕事が出来ているネタを頂き、満足出来ました。


e0242493_17105385.jpg

e0242493_17111176.jpg


赤身と赤貝はさすがに少し弱いですが、それでもこの前の九州の店よりはかなり上でした。


e0242493_17165188.jpg

e0242493_17173165.jpg


穴子はツメと塩で頂きましたが、これもなかなかのもので十分美味しく頂けました。


この後、干瓢巻き、お吸い物、デザートと続きましたが、十分再訪の価値ありでした。


さて別の日やはり後輩達と新規の寿司店を開発して来ました。

東京四ツ谷の有名店、『すし匠 華屋與兵衛』です。

つまみと握りを交互に出すスタイルの元祖で、しかも熟成寿司の元祖でもあります。

写真はありませんが、とても美味しく堪能しました。

もちろん再訪予定です。
[PR]
by drhigekuma | 2013-03-22 17:23 | 美味しいもの | Comments(0)

新年初やましん

今年最初のやましんさんに行って来ました。


e0242493_1712554.jpg


今まで使っていた鳥取の小さな酒蔵の大吟醸が造らなくなってしまったので、いろいろと試行錯誤で
本日は八海山の季節限定のお酒を味見に出してくれました。

なかなかすっきりしていて美味しいのですが、絞りたて原酒のためアルコール度数が高くて酔っちゃいますね。


e0242493_1716377.jpg

e0242493_17164460.jpg


なので、その後はルイロデレールをバカラのグラスで頂きました。


e0242493_1718190.jpg

e0242493_17181766.jpg


まずは大間の赤身を2貫。
漬けとか洗いとかではなくストレートな握りですが、少し寝かせてあるためしっとりと口の中で旨みが広がっていきます。

赤身らしい仄かな酸味も感じられ、やはり大間は旨いとしみじみ感じさせてくれる握りです。


e0242493_1723177.jpg


続いては平すずきの炙りです。
そのままより甘味が増すので、炙って貰ったほうが好きかもしれません。


e0242493_1952184.jpg

e0242493_19522556.jpg


さらに『ばくだん』と言われるほど大きくはないものの、香りも味も抜群の閖上産の赤貝、
江戸前寿司のお手本とも思えるくらい美味しい煮はまぐりが続きます。


e0242493_19563981.jpg

e0242493_19571260.jpg


そして、天然の車海老、青森産の平目が供されます。


e0242493_19584458.jpg


蒸し鮑は本当に柔らかく仕上がっていて、噛めば噛むほど鮑の旨みも甘味も磯の香りも広がってきて最高です。



e0242493_2012382.jpg

e0242493_2014444.jpg


本ミル貝の漬けは良い出来で、しょっぱ過ぎずミルの甘味も引き出していて最高でした。
いつもの贅沢軍艦はメチャクチャ甘い雲丹の下に蕩けるようなイクラが隠れています。


e0242493_2044148.jpg

e0242493_204566.jpg


大将が自信を持って出してくるこの時期だけのかんぬきの細魚の昆布締めです。
自分的には今日一とも思えるもので、大間の鮪や江戸前のあなごと真っ向勝負出来る一品ですね。


e0242493_20132363.jpg

e0242493_20142292.jpg


とろたく巻き、煮あなご、最後にお吸い物で本日のコースが終了です。

とろたくは紫蘇も効いてて、沢庵の食感が超良い感じでお奨めです。
あなごは江戸前でふっくら柔らかく煮上がっていてもうどうしよう?ってくらい美味しいです。

次回訪問は2月のあたま、部長とですね。。。。


ごちそうさまでした!
[PR]
by drhigekuma | 2013-01-18 22:11 | 美味しいもの | Comments(0)

年末の蕎麦事情②

年末29日に忘年会代わりに友人夫妻、娘さんと5人で再度、松屋銀座の田中屋さんに行って来ました。


e0242493_2213672.jpg


松屋横のブルがリの蛇のライトアップを見ながら目的地に向いました。


e0242493_2215959.jpg


前回と同じ個室で同じ日本酒を頂きました。
辛口でなかなか美味しいお気に入りです。


e0242493_2217540.jpg


お通しはなまこのおろし合えでした。
コリコリした食感が楽しい一品です。


e0242493_22191587.jpg


特製のあんきもがかなり美味しくて満足です。


友人が色々なものを少しづつ食べたいとのことでコースを1人前頼みました。


e0242493_22224021.jpg

e0242493_22251488.jpg

e0242493_22254342.jpg

e0242493_22262086.jpg

e0242493_22381696.jpg


先付 かに玉子巻き

前菜 牛しぐれ煮、揚銀杏、長芋とからすみ、サーモン百合根、くるみとじゃこの佃煮、笹麩

造り 旬の魚介

煮物 蕪とにしんの炊き合わせ

天ぷら 小海老と季節野菜

食 事 せいろ または かけ

デザート 温あんこ白玉


これで3000円は銀座ではお得ですよね。


e0242493_22305196.jpg


寒鰤の炙りの刺身です。
ポン酢で頂きましたが美味しかったです。


e0242493_22324780.jpg


蕎麦屋の出汁巻き玉子、これが不味い店はダメな店ですから当然これは美味しいものです。


e0242493_2234530.jpg


かえしが美味しいから出来る鶏焼きです。
これが蕎麦屋の王道のつまみです。


e0242493_22432032.jpg


いつも美味しい自家製さつま揚げ、ここに来るとどうしても頼んでしまう一品ですね。


e0242493_22435062.jpg

e0242493_2244327.jpg

e0242493_22445234.jpg



つけ天、鴨せいろ、通常のせいろ、いろいろ頂きました。
どれも美味しかったです。

ご馳走さまでした!!
[PR]
by drhigekuma | 2013-01-09 22:48 | 美味しいもの | Comments(0)

年末の蕎麦事情

12月の話ですが、いつもの蕎麦懐石に行って来ました。


e0242493_21462321.jpg


昼に食べに行って予約をした時、何か飲みたい酒があったら言って下さいということでスパークリングワインを
お願いしたらよく判らないので持って来てと言われたので、この日はこれを用意しました。

CHANDON VINTAGE BRUT 2008です。
オーストラリアでモエ・エ・シャンドンが作るスパークリングのビンテージで珍しい栓抜きで開ける王冠タイプです。


e0242493_21532554.jpg


出汁巻き卵、焼き銀杏、蕎麦の実の明太和えです。

いつも通り美味しい出汁巻きはともかく、他の2品も秀逸でビックリです。


e0242493_21563499.jpg


ほうれん草と大根の煮物、柚子味噌掛けです。
優しいお味でこれも好きでした。


e0242493_21575839.jpg


そばがきもいつも通り美味しく頂きました。


e0242493_21594212.jpg


蕎麦の実雑炊はふぐ入りでとても美味しかったです。
出汁がやはりしっかりしてるので素材の味がストレートに出るんですね。


e0242493_2212881.jpg


この日の一番と言っても良いかも知れないのがこちら、蕪と湯葉のすり流しです。
メチャクチャ上品で銚子で食べれるレベルを軽く超えていました。

わかや、恐るべし。。。


e0242493_2235779.jpg


天麩羅の盛り合わせは海老のかき揚げ、ブロッコリー、くわい、南瓜などどれも良い感じでした。


e0242493_2255563.jpg

e0242493_2263116.jpg


非常に良い出来の柚子切り蕎麦と十割蕎麦です。
どちらも東京で食べても評価の高い味の美味しいもので、幸せな気分に浸れます。


e0242493_2210514.jpg


別造りの濃厚そば湯は、これで一品だと思わせるくらいの力強さがありますね。


e0242493_22114622.jpg


大好きな蕎麦茶プリンで終了ですが、この日は色々いつもと違う器を用意してくれて楽しめました。


写真を撮り忘れてしまったんですが、大晦日の年越し蕎麦はこちらから東京の実家に送って貰った二八蕎麦でしたが、
レベル高いお味で一同みんな満足の蕎麦でした。


来年の年越し蕎麦もわかやさんで決定ですね。
[PR]
by drhigekuma | 2013-01-08 22:20 | 美味しいもの | Comments(0)

明月庵 田中屋

e0242493_14423424.jpg


いろいろなものを少しづつ食べたいと言う友人のリクエストで松屋銀座の中にある『明月庵 田中屋』に行って来ました。

この店は元は練馬に本店があった美味しい蕎麦で有名な店だったんですが、今は銀座に本店を構え、松屋銀座に支店をという形になりました。
10月までは赤坂にも支店があったんですが閉店してしまったそうです。


e0242493_14472648.jpg


美味しそうな日本酒をオーダー、正解でした。


e0242493_1449476.jpg


付け出しが出されましたが、胡瓜が入っているため食べれません。
仲居さんが下げてくれましたが特に替わりのものは出ませんでした。


e0242493_14502825.jpg


御新香の盛り合わせです。
ちょっと箸休めにはやはり必要ですね。


e0242493_1452552.jpg


戻り鰹の土佐造りです。
今年は鰹が美味しい年でしたね。

この戻り鰹も脂がのり過ぎずさっぱりして美味しかったです。


e0242493_14541556.jpg


胡麻豆腐です。
プリンみたいにぷるんぷるんで美味しかったですね。


e0242493_14555984.jpg


米茄子の田楽です。
甘塩っぱい味噌がなかなかのお味で、柔らかくトロトロに仕上がっていて美味しい一品でした。


e0242493_14582385.jpg

e0242493_14585130.jpg

e0242493_14591711.jpg


蕎麦屋の定番のつまみ三品です。

出汁巻き卵、かき揚げ、焼き鳥です。
どれもレベルの高い出来で美味しく頂きました。


e0242493_1512658.jpg


友人夫妻に娘さんも大満足!


e0242493_1515756.jpg


自家製さつま揚げも美味しいんです。


e0242493_1533310.jpg


最後は蕎麦ですが、僕と嫁は辛味大根そばで締めました。
かなり辛い大根でしたがこのピリッと感が癖になるんですよね。

ごちそうさまでした。
[PR]
by drhigekuma | 2012-12-16 15:08 | 美味しいもの | Comments(0)