<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

送別会

7月いっぱいでお家の都合で退社する人がいて、急遽送別会が開かれました。
部署が違うし、年も離れているのであまり話したことは無いんですが。。。


e0242493_19132134.jpg


場所は銚子では唯一と言える会席料理を出すお店『犬吠茶屋』です。
名前の通り犬吠駅から徒歩数分の静かな場所にひっそりと建てられています。


e0242493_19172294.jpg


中に入ると中庭を囲むようにぐるりと廊下が回っていて、いくつかの個室が用意されています。


e0242493_1919358.jpg


最初のお膳は、中央に鰻を乗せた冷たいそうめん椀、奥に付け出しが4品、左のお椀は
茄子と鮑の煮物でした。


e0242493_19225395.jpg

e0242493_19232047.jpg


付け出しは左から、姫さざえの焼き物、枝豆、すっぽんの煮凍り、ほうずき仕立てのサーモンでした。


e0242493_19255674.jpg

e0242493_19262953.jpg


牛肉の朴葉味噌焼です。


e0242493_1928473.jpg


鰹のたたきです。
切り身が厚くて、もう少し薄造りの方が好みですね。


e0242493_19301595.jpg


海老の食パン揚げです。
ボリュームは稼げますが・・・ね。


e0242493_19313352.jpg

e0242493_1932134.jpg


いつもは大きな土鍋で炊かれて出てくるこの店の名物、『鯛めし』ですが、何故かこの日は一人用に
小さな釜飯仕立てで供されました。

名物とは言えさほど美味しいものでは無いのですが、これはいつもより美味しくなかったですね。

まぁ、田舎の会席料理って感じです。
洗練された感じは全く無く寂しいの一言です。
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-31 19:35 | イベント | Comments(0)

暑さを乗り切るために

毎日暑い日が続きますね。
銚子は関東でも1,2を争うほど涼しい地域ですが、そこに暮らしていればやはり暑く感じるものです。

そこで、まず暑いときに熱いものを!


e0242493_20575149.jpg


後輩達とキムチチゲを食べました。
具材はキムチ、ネギ、にら、イベリコ豚、和牛、鶏肉、豆腐、もやし、えのき茸です。

スープは市販のキムチ鍋の素、ユッケジャンスープ、コムタンスープなどをブレンド。

とても美味しく、汗びっしょりかいて楽しめました。


〆にはこしのあるうどんでおいしく頂きました。


e0242493_214046.jpg


こちらは翌々日、残ったスープを濾して煮詰めてつけめんで頂きました。

これが旨いのなんの!

この夏、もう一度食べれるように冷凍しました。


e0242493_2162825.jpg

e0242493_217160.jpg


土用の丑の日にはもちろん鰻重です。
肝吸いをつけて二人で約5千円のお弁当ですが、やはり日本の粋を感じますね!

体調万全です!


e0242493_2111226.jpg


北海道から取り寄せた今年の新種、『ホワイトショコラ』です。
ピュアホワイトの改良品種ですが、粒が大きい、皮が柔らかい、甘味が強いのが特徴です。

甘さはホントにくどいくらいです。


e0242493_2114420.jpg


嫁がコーンスープに仕立ててくれましたが、これもデザートのように甘くてビックリでした。


e0242493_21175854.jpg


夕飯にそうめんの日もあります。


e0242493_2119017.jpg


つまみは鰹のたたきです。
腹の一柵をフライパンで焼付け氷水で締めてたたきに仕上げました。
紫蘇、茗荷、万能ねぎ、生姜にポン酢で頂きました。

さっぱり、夏らしくいただけました。


e0242493_21221910.jpg

e0242493_2123596.jpg


いつものように蒸し鶏、蒸し茄子も一緒に頂きました。
そうめんつゆは今年のお気に入り、ポン酢、胡麻だれもいつも通りです。

まだまだ暑い日が続きますが、美味しいものいっぱい食べて夏バテしないように頑張りましょうね!!
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-30 21:25 | 家ごはん | Comments(0)

お取り寄せ

先日TVで放送していた北海道の手作りチーズ工房のお取り寄せチーズが届きました。

http://item.rakuten.co.jp/food-hokkaido/c/0000000143

頼んだのは一番人気のフレッシュモッツアレラ、スカモルッツア、リコッタの三種。
それぞれに楽しみました。


e0242493_20592447.jpg


まずは定番、トマトとモッツアレラを合わせて頂きました。
濃厚な味の美味しいモッツアレラで味の濃いフルーツトマトと良く合っていました。


e0242493_2123917.jpg


一緒に頂いたのはチキンカチャトラです。


e0242493_2134734.jpg


別の日、冷たいトマトのカッペリーニにリコッタチーズをたっぷりのせて頂きました。
とても美味しいパスタに仕上がりました。


e0242493_215497.jpg


やはり違う日、スカモルッツアの定番、フライパンで焼いてフルーツトマトに乗せて頂きました。
かなりミルキーなので溶けるのが早くて扱い難いですが、一緒に口に入れればもう最高です。


e0242493_21102061.jpg


残ったモッツアレラは自家製ピッツァマルゲリータにして頂きました。
クリーミーで美味しかったです。
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-29 21:11 | 家ごはん | Comments(0)

久々の定例会

最近忙しい部長が久々に来たので、行って来ましたいつもの寿司。


e0242493_21403478.jpg


まずは付け出し、コハダの胡麻汚しです。
酢の感じと胡麻が良く合っていて、最初からお酒がすすみます。


e0242493_21482658.jpg


本ミル貝の漬けを雲丹と一緒に和えた物です。
酒のつまみに良いんですよ~!


e0242493_21514634.jpg


今年初の天然の鮎の塩焼きです。
大きさもちょうど良く香りも抜群の鮎でした。

個人的には蓼酢があった方が好きなんですが、鮎そのものの味は素晴らしかったです。


e0242493_21545343.jpg


和歌山は那智勝浦の本鮪はいつものように酸味と香りが抜群で、口の中で旨みがぐんぐん強くなって・・・
さすがです。


e0242493_21562355.jpg


閑上産の赤貝はやはり何とも言えない香りが漂い、それだけでノックアウトですね。


e0242493_21582947.jpg


鯵も旨みが強くて、口の中で噛めば噛むほどジューシーな味わいが広がってきて
ずーっと噛んでいたくなるほどです。


e0242493_2202851.jpg


ようやく東京湾からのあなごが食べれるようになって来ました。
柔らかく煮あがってツメとの相性もバッチリで最高に美味しいものでした。


e0242493_222951.jpg


他にもいろいろありましたが、最期の〆は漬けの赤身を使った鉄火巻きです。

これにも隠し味のように浅葱や胡麻などが入っていて美味しかったです。
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-28 00:31 | 美味しいもの | Comments(0)

チャレンジ

先日、嫁の2人いる兄の下の兄ちゃんが病院帰りに寄ってくれました。

ヘルペスの可能性有りとのことで痛み止めを飲みながらですが一緒に夕飯を食べました。


なぜかチャーハンが食べたいと言うので、それを軸に献立を作りました。


e0242493_212551.jpg


まずは御要望のチャーハンです。
鮭とレタスのチャーハン、カニチャーハン、特製焼豚入りチャーハン、などなど色々と考えたんですが
安定性を重視して冷凍チャーハンを炒めることに。

赤坂璃宮の譚彦彬氏の監修の冷凍チャーハンの出来は素晴らしく上出来なので、困った時には重宝します。


e0242493_2112734.jpg


本日のチャレンジ料理、『牡蠣オムレツ』です。

大好きな東南アジアではかなり定番な料理ですが、あちらで牡蠣を食べる勇気が持てず(いったい何年通ってるんだ!?)、食べたことが無いので味付けも不安。

結果、最初にもう少し牡蠣に火を通すべきだった、など反省点盛りだくさんでしたが
兄ちゃんは文句も言わず食べてくれました。


e0242493_2118114.jpg


今回の餃子は大好きな店、八街の『台北』の餃子です。
とても美味しいので冷凍で買ってきてストックしてあるので、こういう時とても便利です。


e0242493_21221411.jpg


豆苗炒めです。
簡単、美味しい、中華っぽい、一品ですね。


e0242493_21244912.jpg


牡蠣好きの兄ちゃんなので、ポン酢牡蠣も食べて貰いました。

またゆっくり遊びに来て下さいね!!
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-27 21:28 | 家ごはん | Comments(0)

ザ・キャピトルホテル東急 ②

e0242493_19502694.jpg


夕食は友人夫妻と一緒にお部屋で食べることに。

シャンパンクーラーを借りて持参のモエを冷やします。
友人達はシャンパンより日本酒派なので、浦霞の大吟醸を準備。←写真無し


e0242493_2044467.jpg


オリガミからルームサービスをオーダーしました。
まずは国産牛ヒレ肉のソテー、焦がし玉葱のソース添えです。

とても柔らかく美味しいお肉で、ソースもマッチして美味しかったです。


e0242493_2074185.jpg


スズキのポアレ、温野菜添えです。
こちらも皮目がこんがり焼けてパリパリに仕上がっていて香ばしく
身はジューシーですごく美味しかったです。


e0242493_209531.jpg


伊豆、河津町産の無農薬野菜のサラダです。
ドレッシングもとても美味しく瑞々しい野菜とバッチリ合っていました。


e0242493_2012136.jpg


松屋銀座の地下で購入した棒寿司三種です。

秀逸だったのが煮鯖寿司で、ふっくらとした身が口の中で広がっていき鯖の旨みが後から出てくる感じで
とても美味しかったです。

残念だったのが甘鯛の棒寿司で、木の芽と昆布が主張しすぎてぐじの味が引き立っていませんでした。


e0242493_2016233.jpg

e0242493_20172436.jpg


友人たちが帰ったあと、ラウンジに行きI.Wハーパー12年を少し頂きました。

静かな空間は夜景が綺麗で酔いが回ります。


e0242493_20203942.jpg


翌朝は近くの両親がホテルに来て一緒にオリガミで和朝食を頂きました。
和朝食でもコーヒーか紅茶はお替り自由で飲めますし、アイスコーヒーにも出来ます。

もちろん日本茶もきちんと準備出来ます。

そう言えば30年以上前からオリガミではアイスコーヒーもお替り自由で提供していましたね。


e0242493_20253832.jpg


毎回言いますが、このご飯と味噌汁の器だけは何とかして欲しいですが、
おかずは種類も豊富だしお味も抜群で止められません。

もちろん、ご飯、味噌汁はお替り出来ます。


e0242493_2027521.jpg


温かい煮物に温泉卵です。
温泉卵はじゅんさいと雲丹が出汁とともに添えられていました。


e0242493_20331721.jpg


本日の焼き物は甘鯛の塩焼き、昨日の寿司と違いとても美味しかったです。
煮鮑、鴨、子持ち昆布、蒲鉾、空豆に、昆布の梅和えなど、どれも美味しいものでした。


e0242493_20365453.jpg


左上から時計回りに、ずわい蟹の黄身酢かけ、明太子、ほうれん草のお浸し、鯵の南蛮揚げです。
一つ一つが丁寧に仕上げられていてどれも美味しいのでご飯がすすんでしまって仕方ありません。

朝からとても満足いく朝食でした。

ちなみにこの日の朝は大臣クラスの方々が会食していたようで、目つきの悪いSPがうろうろしていました。

これも首相官邸を目の前にしているホテルだからこそでしょうね。
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-26 20:43 | ホテルライフ | Comments(0)

ザ・キャピトルホテル東急

30年以上前から好きなホテルの1つ、旧ヒルトン東京からキャピトルホテル東急となり新築してザ・キャピトルホテル東急となった首相官邸前の老舗ホテルのスイートに久々に行って来ました。

泊まったのは前回と同じ5Fにあるガーデンスイートですが、部屋は前回の#504ではなく#502号室。

造りはほとんど同じでバスルームのバスタブの位置が左右逆なだけでした。


e0242493_220539.jpg


所用を済ませホテルに向うと以外に道が空いていて14時にはホテル着、27Fのライブラリーラウンジでチェックイン手続きをしてウエルカムドリンクを頂いているとお部屋の用意は出来ているのでどうぞと言われそのままお部屋へ。


e0242493_2244176.jpg


ラウンジからは首相官邸が見えますが、この日も右翼が動いているとのことで警備が厳しく回り道をさせられてしまいました。


e0242493_227731.jpg


108㎡のお部屋はリビングも広々。
大きなソファーでのんびり出来ます。


e0242493_2285616.jpg


ハリウッドツインのベッドルームも広々、ちなみにリビング、ベッドルーム両方にTVとBDプレイヤーが備えられています。

i Podステーションはリビング、ベッドルーム、バスルームの3ヶ所に設置されています。


e0242493_22144962.jpg


こちらはリビングのものでJBL製、ベッドルームはBOSE製でした。


e0242493_22175651.jpg


この部屋の魅力の一つ、広いバスルームは外こそ見えませんがジャグジー付きの大きなバスタブ。
ゆっくり入れます。


e0242493_22195495.jpg


シャワーも天井の大きなレインシャワー、ハンドシャワー、バスタブ付きのハンドシャワーと備えられ
大きなシャワーチェアも機能的で素晴らしいです。


e0242493_22232629.jpg


窓を開けると隣の日枝神社の借景が広がり、鮮やかな緑が目に染みます。
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-23 22:24 | ホテルライフ | Comments(0)

鰻と鶏

友人夫妻、義兄夫妻、後輩ペア、8人で美味しい鰻と鶏料理を食べに出掛けて来ました。

昔から鰻の獲れない時期には鶏料理を出していたと言うことで、この店には常に両方が用意されています。


e0242493_1114575.jpg


銚子からR124を神栖方面へ走って20分くらいの国道沿いにあります。
この日はとても混雑していたので、料理が出始めるまでに1時間以上も掛かってしまいました。


e0242493_11415.jpg


まずは生ビールで乾杯!
この後、つまみも無しに1時間飲み続けることに・・・


e0242493_11513333.jpg

e0242493_11521575.jpg

e0242493_11525979.jpg


まず出てきたのは何故か最後に注文した焼き鳥軍団から、

鶏皮、レバー、砂肝です。
どれも美味しかったらしい・・・、自分は食べてないので。


e0242493_115528.jpg

e0242493_11553183.jpg


続いて全員で食した、鶏もも串、ねぎま串です。
塩加減もばっちりで、ジューシーで柔らかくとても美味しかったです。


e0242493_11571543.jpg


こちらが大好物のこの店では『鶏の竜田揚げ』と称するチキン南蛮です。
卵たっぷりのタルタルと甘酢たれが良く合って、とても美味しい一品です。

ここまではすべて水郷赤鶏を使っていますが、この店はもう一種類の鶏肉があります。


e0242493_122079.jpg


それがこちら。

とても美味しい名古屋コーチンの網焼きです。
もも、むね、手羽と3種類が楽しめるとても贅沢な一皿です。

この他予約注文になりますが、名古屋コーチンのすき焼きも食べることが出来ます。


e0242493_1244235.jpg


普段は1人前づつ重箱に入れられて供される白焼きですが、この日は混んでるためか
2人前が大皿に盛られて出て来ました。

しかし、お味はいつも通りとてもふっくらと焼き上がり美味しい逸品でした。


e0242493_1291720.jpg

e0242493_1295391.jpg


最後の〆にと頼んだ櫃まぶしです。
色々な食べ方が楽しめるわけですが、個人的には薬味を乗せてお出汁をかけて食べるのが一番好きです。

この日もとっても美味しく頂きました。


この後、自分は食べてないので写真を撮り忘れましたが、
この店の隠れメニューのTKGも食べていました。

こだわりの卵は水郷赤鶏、ご飯も地元の特別栽培の米でとても美味しいTKGです。



e0242493_1218457.jpg


最後に家で集合して飲みながら、判る人はすぐ判るこのケーキを頂きました。

電子レンジで30秒、チンした状態がお奨めです!

ごちそうさまでした!!
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-15 12:24 | 外食 | Comments(0)

この時期の『牡蠣』

牡蠣と言えば普通は冬をイメージしますが、銚子は夏牡蠣。

5月の連休くらいから8月いっぱいくらいが旬の磯かきが有名です。

長い付き合いの漁師の親父は毎年5月には素潜りで磯かきを獲って来てくれるのですが
今年は漁の途中で大怪我をして指を痛めてしまったので漁にも出れず潜りにも行けず、
辛い日々が続いていました。


しかし、ようやく漁にも行けるようになり、牡蠣も取りに行けるようになったら持って来てくれました。


e0242493_225834100.jpg

e0242493_2259927.jpg


銚子の磯かきは大振りのものが多いのですが、一口サイズが好きな僕らのために小さめの牡蠣を
用意してくれました。

まずは美味しいオリーブオイルとレモン、胡椒でシンプルに味わいます。
濃厚でミルキーな磯牡蠣ですが、こうするとさっぱり食べれます。


e0242493_2331719.jpg

e0242493_2335598.jpg


ガーリックを効かせてパン粉焼きにしたり、ホワイトソースでグラタン仕立てにしたり
いろいろ楽しめました。


ごちそうさまでした!!
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-14 00:01 | 家ごはん | Comments(0)

この時期に『ふぐ』。

もう15年くらい仲良くさせて貰ってる漁師さん夫妻と食事会をしました。

漁師の旦那と居酒屋を営むおかみさん、いつも美味しいものを食べさせてくれるので
たまに家でも一緒に夕飯を食べます。


e0242493_22112417.jpg


冷製のトマトソースパスタを作りました。
三越の3缶1万円のタラバ蟹の缶詰を一缶まるまる入れてみました。

うーん、デリシャス!


e0242493_22155028.jpg


4人でシンガポールやペナンにも行ったことがあるので懐かしむように海南チキンを作りました。
柔らかくジューシーに仕上がりました。


e0242493_2217521.jpg


市販のイタリアンピッツアにハモンセラーノをトッピングして頂きました。
Made in Italiaのピッツアは出来合いとは言えなかなかの出来栄えです。


e0242493_22212425.jpg


網に入っていたと言う、しょうさいふぐを持って来てくれて、少し厚めのふぐ刺しを作ってくれました。
しょうさいふぐはとらふぐに似た味で、やや小振りながらもかなりお味は良いふぐです。


e0242493_22244986.jpg

e0242493_22252116.jpg


翌日は後輩達と手巻き寿司を楽しみましたが、鮪、帆立、干瓢、いくらにふぐも頂きました。
ふぐは小葱と一緒にポン酢で頂きましたが、とても美味しかったです。


e0242493_22284521.jpg


冷凍しておいた平貝も軽く炙って美味しくネタにしました。


e0242493_2229566.jpg


ねぎとろも沢庵と一緒に巻いてとろたく巻きでとても美味しく頂きました。


e0242493_22324271.jpg


茄子の浅漬けを口直しに用意しましたが、酢飯との相性も良いしさっぱりして凄く良かったです。

こんな時期に美味しいふぐが食べれて、楽しい手巻き寿司が手軽に出来るこの環境。。。

やはり止めれませんね!
[PR]
by drhigekuma | 2012-07-13 22:35 | 家ごはん | Comments(0)