久々のコンラッド東京

前回義兄夫妻と4人でロイヤルスイートに泊まって以来の宿泊で、3年以上が過ぎていて記憶が不鮮明でした。
→http://4travel.jp/traveler/drhigekuma-yamyam/album/10461095/


今回はヒルトン50周年記念の特別プランで85㎡のコーナーベイビュースイートに泊まりました。


e0242493_2024552.jpg


階層は31Fと低めで、エレベーターホールを出て左奥の部屋でコーナーと言うので2方向に窓があるのかと思っていましたが、このホテルはすべての客室は1方向にしか窓が無い造りなのでした。


e0242493_20305040.jpg


正面に浜離宮公園、その左横の築地市場、遠くにレインボーブリッジからお台場まで見渡せました。
高さは違うものの前回のロイヤルスイートの位置と変わりはありません。


e0242493_20374735.jpg


ドアを開けて中に入ると左手に1つ目のトイレがあり、その先にはリビング、ダイニングが広がります。
TVはHITACHI製の37インチとやや小さめ、ベッドルームも同じTVでした。


e0242493_20404874.jpg


ベッドルームは少し狭めですが、その先にバスルームがあるのはやはり同じような造りですね。


e0242493_20424934.jpg


ただし内容は違って、バスタブは通常の部屋と同じタイプでジャクジーではありませんでしたが、ビューバスなのは良いですね。


館内のレストランは一部がリニューアル中で営業していませんでしたので、夕食は赤坂の『ヴィエイユ・ヴィーニュ マキシム・ド・パリ』で頂きました。


e0242493_2048780.jpg


以前TBS会館だった一ツ木通りのBIZタワーの端っこの独立した建物内の2Fで、1Fにはドミニク・サブロンも併設されているマキシム・ド・パリグループのお店です。


e0242493_20532810.jpg


一休レストランから一人¥10000-で、ドンペリ60cc、シャトームートン30ccがついたコースです。


e0242493_2162728.jpg


と言うことで、ドンペリで乾杯です。


e0242493_2171427.jpg

e0242493_2181891.jpg


フォアグラが苦手なので帆立のカルパッチョ風柑橘類のマリネに差し替えて貰いました。
アミュゼは白身魚のリエットをシュー生地で包んだもので、なかなか美味しいものでした。


e0242493_2110433.jpg


ここでモエのロゼを頂きました。
ドンペリのあとですが、ロゼにしたことで上手く繋がったと思います。


e0242493_21124753.jpg


本日の野菜料理は野菜のテリーヌ(ゼリー寄せみたいですが)で、ほうれん草、いんげん、赤黄パプリカ、カリフラワー、ブロッコリー、ベビーコーン、アスパラ、人参をキャベツで巻いた感じでした。


e0242493_21154516.jpg


本日のスープはじゃが芋の冷製スープ、ビシソワーズです。
お味のほうはとても上品で美味しかったです。


e0242493_2118555.jpg


真鯛のソテーにアサリなどのスープ仕立てですね。
これが一番美味しかったかな!


e0242493_21202445.jpg


ムートンに行く前に少し軽めの赤ワインをと選んだシャンボール・ミュジニーでしたが、ハズレでした。
お店の方に匂いを嗅いでもらって取り替えて貰いましたが、それでも思っていたミュジニーの香りは無く、
味もさっきほどでは無いもののすえた感じでダメでした。

でもさすがの対応で、これに関しては支払いは請求されませんでした。


e0242493_2124298.jpg

e0242493_212567.jpg


メインは2種類からチョイス出来、嫁はポークを僕はビーフを選びましたが、完全に嫁が正解。

牛フィレ肉は臭みが強くてきつかったです。


e0242493_2127966.jpg


最後はマキシム名物の苺のミルフィーユとコーヒーで終了です。

ムートンが美味しかったので、最後の印象は美味しく頂きましたということでホテルへ帰りました。


つづく。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-23 21:28 | ホテルライフ | Comments(0)

銚子の鮨は

やはり銚子の鮨と言えば、『やましん』さんです。

部長も少し立場が変わったので、前より来られなくなってしまいましたが、先日も久々に御一緒しました。


e0242493_208723.jpg


最初のおつまみ二種は煮鮑とミル貝です。
お酒はいつもの鳥取の大吟醸です。


e0242493_20171311.jpg


賀茂茄子の雲丹焼きです。


e0242493_2018540.jpg


郡上八幡の上流で獲れた天然の鮎の塩焼きです。
これは最近食べた鮎の中でも断トツの旨さでした!!

まず香りが素晴らしい!
河の香りなのか、苔の匂いなのか、蓼の香りか、とにかくこの鮎の獲れた場所が想像出来る感じなんです。

そして肝と言うか内蔵部分がほんのり苦味を感じるものの、それを上回る甘みと香りが凄いんです。

これぞ本物の鮎って感じでした。


e0242493_2025811.jpg


天皇陛下が食べると言う天然の車海老の生の握りです。
甘さが半端無くてビックリだし、歯ごたえもぷりっぷりであり得ない感じです。


e0242493_20271097.jpg


この時期一番良いと言われている佐渡沖の定置網で獲れた本鮪の赤身です。
大間にはかなわないものの、今食べられる最高の鮪でしょう!


e0242493_20284546.jpg


脂の乗ったコハダと眞子鰈です。
染み出る脂の旨みのコハダ、さっぱりした脂を感じる鰈、どちらも夏らしくて良いですね。


e0242493_20331856.jpg


生の鮑と本ミル貝のヅケです。


e0242493_20335890.jpg


川に入る前に獲った鱸の炙りと関鯵です。
関鯵は流石の旨さですが、今日一かと思うくらい良かったのが鱸の炙りです。

香ばしさと甘みが抜群のバランスでした。


e0242493_20381247.jpg


毎度お馴染み、贅沢軍艦はエゾバフン雲丹とイクラのコラボが上々でした。


e0242493_20385814.jpg


ここん家の穴子はとにかく大きい、柔らかい、ふっくらしてるのが特徴です。
もの凄い量の山葵をものともしない絶品のお味はいつも最高です。


e0242493_2041187.jpg

e0242493_20421924.jpg


お吸い物、デザートで終了です。

う~ん、ここもやはり旨い寿司屋です!
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-20 20:42 | 美味しいもの | Comments(0)

都内の鮨

最近は都内で鮨を食べるのは、『鮨 てる』さんか『すし匠』さんのどちらかがほとんどになりました。

どちらも基本、写真撮影は好ましくないと言う立場なので、あまり写真が無いんですが
この前は早い時間に食べ始めたため他のお客さんが来るまでと言う感じで『鮨 てる』さんで写真が撮れました。


e0242493_21524487.jpg


両親と4人での食事ですが、まずはビールで喉を潤します。


e0242493_21542114.jpg


初夏らしく、お通しはじゅんさいの冷たい出汁和えです。
さっぱりして口当たりも良く、良いですねぇ!


e0242493_21585145.jpg


この日も御主人の宮崎さんが河岸で選んだ美味しいネタが並んでいます。


e0242493_2221118.jpg


まずは星鰈とこちのお刺身です。
ポン酢でもお醤油でも美味しいですね。


e0242493_22112745.jpg


生のとり貝の炙りです。
とても良い香りで一味のピリッと感がアクセントになって美味しくいただけます。


e0242493_22131865.jpg


縞海老のお造りですが、この日のは今まで食べた中でも一番の旨さでした。


e0242493_2215184.jpg


鯵のお刺身です。
臭みなど皆無のとっても美味しい鯵でした。


e0242493_22225920.jpg


焼き物は能登ののどぐろです。
脂が乗ってとてもふわっと柔らかい身質が美味しい一品です。

ここからが握りになります。


e0242493_222802.jpg


きすの昆布締めです。
これがまた旨いのよねぇ・・・大好き。

で、ここでお客さんが見えたので写真は終了。

この後は白烏賊、赤貝、こはだ、蒸し鮑、むらさき雲丹、イサキの炙り、車海老、穴子を塩とツメで頂き、
最後に蝦蛄のオスを握りでメスをガリとツメで海苔巻きで頂き終了です。

お酒はいつもの広島の宝剣をずーっと飲ませていただきました。


どれも満足出来る美味しさで、やはりレベルの高さと満足度の高さを実感させて貰いました。

ごちそうさまでした。。。。


翌週、『すし匠』さんへ行ったのですが写真は無し。

食べたのはつまみと握り、合わせて40種。
どれも楽しく頂けるのと、食べ終わった時の満足感、そして店としての接客への満足度・・・

また是非行きたくなるお店です。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-19 22:39 | 外食 | Comments(0)

しゃぶしゃぶ

先日、後輩夫妻としゃぶしゃぶパーティーをしました。

なにがパーティーかと言うと、豚バラ肉と魚介のミックスしゃぶしゃぶだからです。


e0242493_21395483.jpg


まずはお通しに最近気に入っているプレミアムもずく酢に海老をトッピングです。
酸味が抑えられていて、まろやかなのが良いです。


e0242493_2143339.jpg


東京Xの豚バラ肉です。
脂身の甘さと柔らかさ、その後にしっかりした肉の旨みが味わえます。


e0242493_21453135.jpg


魚介は銚子港直送の金目鯛と平目、あとはヤリイカ、みず蛸、生わかめを用意しました。


e0242493_21483724.jpg


お野菜は長葱、水菜、椎茸、豆腐、エノキ茸です。


e0242493_21543596.jpg


お肉にはいつもの胡麻だれを、お魚達には関西出身の取引先の営業にもらったポン酢を用意しました。

吉本興業在籍経験のある営業マン曰く、大阪で知らない人がいないと言うこのポン酢、確かに美味しかったです。


e0242493_21582613.jpg


ポン酢用の薬味に、最近嵌っている柚子胡椒を二種用意しました。
一つは辛さ重視、もう一つは柚子の香り重視のものです。


e0242493_2203710.jpg


合わせたお酒は「すきやばし次郎」御用達の『賀茂鶴』純金箔入り大吟醸を頂きました。

とても美味しく頂けました。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-18 22:12 | 家ごはん | Comments(0)

お家焼肉

暑い夏、焼肉が食べたくなったんですが・・・

外に食べに行く気も起きず、お家焼肉を敢行することに。


e0242493_20594740.jpg


用意したお肉は豚バラ肉、ロースとカルビの三種です。


e0242493_2114630.jpg


この日のジャンはモランボンさん特製、保存料、添加物無しのたれを使用。
コチュジャン併用でピリ辛に仕上げた特製だれで美味しく頂きました。


e0242493_2182053.jpg


久々に引っ張り出した焼肉用プレートで本格焼肉です。


e0242493_21103022.jpg


サンチュにキムチ、これで巻き巻きしていただきます。

豚バラはおろしポン酢でさっぱり頂きました。


e0242493_21125578.jpg


今回のタレがなかなか良かったので次回も使いたいと思いました。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-17 21:14 | 家ごはん | Comments(0)