朝食はルームサービスで。

以前の「おりがみ」の頃から朝食を食べてたせいか、新しくなってからも何故かルームサービスの朝食を選んでいなかったようで、今回初めてオーダーしました。


e0242493_22201970.jpg


まぁ今回は広いダイニングテーブルが用意されているので、ルームサービスを使うのは当然の流れなんでしょうが、時間通りにピンポンが来るのもある意味凄いなぁと思ってしまいました。

頼んだのは、和朝食とアメリカンブレックファースト。

フレッシュジュースはオレンジジュース、プラス、コーヒーとほうじ茶が付いています。

アメリカンブレックファーストは卵料理はポーチドエッグ、ハム、ベーコン、ソーセージからベーコンをチョイス。
自家製ブレッドでクロワッサンが2個、トースト1枚、ミニフォッカチャ、プチパンが用意されていました。

3種のジャムにエシレバターもあります。


e0242493_22311084.jpg


昔からここのパンは美味しかったんですが、今もとても美味しいパンを提供してくれます。
ルームサービスで運ばれてきたのを忘れるくらい温かい状態でした。


e0242493_22341948.jpg


メインのお皿にはポーチドエッグ、ベーコンに付け合せの焼き野菜。
このホテルは根菜が好きなのかなと思っています。


e0242493_22363695.jpg


サラダも特徴的で、伊豆から取り寄せているちょっと変わったものも含まれています。
シンプルなドレッシングで頂くこだわり野菜はなかなか美味しいものです。

濃厚ヨーグルトにフルーツも用意されていました。


e0242493_22403532.jpg


和朝食はいつもと同じく二段重で用意されます。

ご飯に、味噌汁、おしんこ、海苔も付いてきます。

温泉卵とじゅんさいの出汁仕立て、野菜の煮物も京風で薄味の美味しいお料理です。


e0242493_22453748.jpg


メインはカマスの焼き物、炙り明太子、煮鮑、蒲鉾などに、柚子の効いた昆布の佃煮、金目鯛の南蛮揚げ、
冷奴、湯葉などが盛られていますが、まったく臭みの無いカマスも凄いしその他もみんな美味しかったです。

ご飯は小さなお櫃にお替りご飯が用意されていましたが、足りないくらい美味しかったです。


今回はラウンジがあまり使えませんでしたが、次回はまたラウンジも活用したいなぁと思っています。

これを書いている今もすでに同じクーポンが売り出されていますが、今回は海外旅行の予定やその他もろもろで
残念ながら購入は断念しました。


また次回の発売を楽しみにしていますよ!
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-04 00:15 | ホテルライフ | Comments(0)

キャピトルでの夕食

ダイニングクレジット1万円を有効に使おうと考えたあげく、選んだのは中華ダイニング『星ヶ岡』。

一休レストランから101種類のメニューから選べるオーダー式バイキング スペシャルトリート、1ドリンク付き1名¥11000-を予約し、2人で食べれば半額セールみたいとなりました。


e0242493_2332532.jpg

e0242493_2334955.jpg


サービスのドリンクは10年物の甕出し紹興酒をチョイスし、その後もデキャンタで最後まで飲みました。


e0242493_2363442.jpg

e0242493_2365575.jpg


前回12月と同じく17時スタートですが、今はまだまだ明るく陽が長いのを実感出来ますが
まったく関係なく乾杯です!


e0242493_23112626.jpg


まずは冷製鮑と三種の前菜盛り合わせ、槍烏賊の葱ソース掛け、くらげ、湯葉巻きです。

どれも美味しかったのですが、特に気に入ったのがヤリイカ。
ソースがとても良かったです。


e0242493_23141267.jpg


これのみお替り出来ないふかひれの姿煮です。
ふかひれはけっこうしっかりした歯ごたえで、ソースも濃厚で美味しかったです。


e0242493_23164348.jpg

e0242493_23171958.jpg



ツバメの巣のスープ、鮑のクリーム煮です。
どちらも上品で美味しい一品でした。


e0242493_23211570.jpg

e0242493_23214069.jpg


伊勢海老のチリソース和え、北京ダックです。
チリソースはマイルドで辛さは物足りませんが、旨みは十分感じられました。

北京ダックは胡瓜抜きで、味噌も少なめにして貰い美味しく頂きました。


e0242493_23245166.jpg

e0242493_23252370.jpg


一番辛いメニュー、麻婆豆腐は山椒が良く効いてて辛味の中にも爽やかさがあって良いお味でした。

五目チャーハンはパラパラに仕上がっていて美味しいのですが、麻婆豆腐を乗せてもとても美味しかったです。


e0242493_23293143.jpg

e0242493_23301736.jpg


牛肉の細切り味噌炒め、クレープ包みとカニ玉です。

牛肉は和牛を使用しているため臭みも無くとても香り良く仕上がっていましたし、カニ玉はオムレツ仕立てと言うだけあって、
ふわとろの仕上がりとしっかりした味付けからソース無しの潔さが好感持てました。


e0242493_177173.jpg

e0242493_1781169.jpg


美味しかった前菜の中の槍烏賊の葱ソースを単品でお替りさせてもらいましたが、
こう言う我儘を聞いてくれるのもサービスの良さですね。

点心から唯一オーダーした海老餃子はぷりっぷりでとても美味しかったです。


e0242493_17115094.jpg

e0242493_1712392.jpg


五目野菜だけのつゆそばは通常は醤油味ですが、こちらは裏メニューの塩味で頂きました。
もうお腹がいっぱいだったんですが、食べているうちにお替りしたくなるほどさっぱりしていて美味しかったです。


e0242493_1715862.jpg

e0242493_17161853.jpg

e0242493_17171922.jpg


デザートはマンゴープリンと胡麻団子です。
冷たいジャスミンティと一緒に美味しく頂きました。

ごちそうさまでした!!
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-03 17:19 | ホテルライフ | Comments(0)

キャピトルスイート

一休マーケットのいつものクーポン、1万円のダイニングクレジット付きガーデンスイート泊¥53000-を使って
ザ・キャピトルホテル東急へ行って来ました。

今回は最上級の219㎡、キャピトルスイートにアップグレードして頂きました。


e0242493_21361988.jpg



これでこのホテルのスイート、上位3つすべてに宿泊したことになりました。
ガーデンスイート(109㎡)、山王スイート(180㎡)、キャピトルスイート(219㎡)です。
定価は20万円、40万円、65万円だそうです。


e0242493_2141375.png


間取りはこんな感じで、上と右が窓側になるコーナールームで廊下突き当たりのドアから入ると右手がリビング(サロンとなっています)、左手がバスルームに繋がっています。


e0242493_21455119.jpg

e0242493_2147259.jpg



リビングの右手に最大8人掛けとなる円形のダイニングテーブルが置かれたダイニングルーム、さらにキッチンへと通じます。

キッチンからは別のドアから廊下に出ることが出来るので、専属シェフがリビングを通らず食材を搬入したり下げたり出来るような造りになっていました。
これはコンラッドのロイヤルスイートも同じでした。


e0242493_21512535.jpg

e0242493_21515120.jpg


ベッドルームは幅240cmの特大キングベッドが置かれ、リビングからベッドルームへの間には書斎のようなスペースもありました。


e0242493_21552023.jpg

e0242493_21561973.jpg


とにかく広いので部屋の中の移動だけでも大変です。
トイレに行くのも電話しに行くのも、お水を取りに行くのも距離があるんです。


e0242493_228596.jpg


ひとつ疑問が・・・

ガーデンスイートも山王スイートも5Fにあって眺望は望めませんが、バスタブは広めのジャクジーで、バスルームも広く大きなチェアも完備しています。

プレミアコーナールームはバスタブは普通ですがビューバスです。

なのに、何故この部屋はシンプルなバスタブの非ビューバスルームなんでしょうか???

ビューバスのジャクジーで良いんじゃないでしょうか!?


e0242493_22181998.jpg


最上階と言っても29Fですから、52Fのリッツや38Fのマンダリン、36Fのシャングリラよりは低いのですが、
ほぼ解体された赤プリの先に旧館が見えるのは今だけですね。


e0242493_22215021.jpg

e0242493_22232956.jpg

e0242493_2224321.jpg


まもなく完成予定の虎ノ門ヒルズ、主のいない幽霊屋敷(首相官邸)、国会議事堂越しに見る東京スカイツリーなどはこのホテルならではの眺望かも知れませんね。


e0242493_22291648.jpg

e0242493_22311036.jpg


リビングからダイニング方向、リビングからベッドルーム方向の写真です。

広さが少しは伝わるかな。。。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-07-02 22:32 | ホテルライフ | Comments(0)

飯岡の寿司屋、再訪

後輩夫妻、友人夫妻の計6人で飯岡の寿司屋に行って来ました。


e0242493_1522685.jpg


店の大将は都内の鮨、割烹などで修行し最後は今東京で最も予約の取れない『鮨 三谷』でも修行した37歳の若手です。


e0242493_1526353.jpg


この日はカウンター6席を独占、と言うか結局店そのものも貸切状態でしたが、
初めの一皿は地物の伊勢海老のお造りでした。

わさびと酢橘だけで頂きましたが甘みもたっぷり、プリップリの身はとても美味しく頂きました。

添えられているもやしの子供や、敷かれたわさびの葉や笹の葉が綺麗です。


e0242493_15302145.jpg


お料理のお皿に添えられるものとして、常にこんなにたくさんの種類を用意しているんだそうです。

ここら辺でこんなに洒落たものを出す店は皆無に近いでしょうね。


e0242493_15331165.jpg


持込の『雁木 活性にごり』です。


e0242493_15342321.jpg


岐阜の鮎の塩焼きです。
限りなく天然に近い鮎はほろ苦さと身の旨さがマッチして満足出来るお味でした。


e0242493_15363590.jpg


鮑とずわい蟹入りの茶碗蒸し、銀餡掛けです。
これも美味しかった!


e0242493_15385376.jpg


厚めの湯葉はとろとろでしっかりしたお味でした。

すでにお腹がふくれてきて、この後の鮨が食べられるか不安になってしまうほどでした。


e0242493_15394976.jpg


握りに合わせてもう1本持込で『だっさい 磨き3割9分』を頂きました。


e0242493_1542371.jpg


前回、昆布締めとか仕事のしてある鮨が好きだと覚えていてくれて、
まずは平目の昆布締めから頂きましたが、〆具合もバッチリで美味しかったです。


e0242493_19384594.jpg

e0242493_19382178.jpg

e0242493_19394095.jpg


生のトリ貝、キスの昆布締め、コハダです。

トリ貝はちょうど良い大きさで、臭みもまったく感じずサクサクして美味しく頂けましたし、キスは王道の昆布締めが
綺麗に決まっていて文句無しに美味しかったです。

コハダは酢の〆具合がホロっとしていて、好きな感じに仕上がっていました。


e0242493_19452228.jpg

e0242493_19463496.jpg

e0242493_19473923.jpg


旬のいさきは湯霜で、赤貝は閖上ではありませんでしたが肉厚で香りも良く美味しいものでした。

生のミンク鯨の赤身があると言うのでもちろん頂きましたが、さっぱりしていて癖も無く良いお味でした。


e0242493_19534234.jpg
e0242493_19543492.jpg

e0242493_19552811.jpg


煮蛤、シャコ、穴子を塩で頂きましたが、蛤は微妙に火が入りすぎかも知れませんが美味しかったし、
穴子はほんの少しの塩で旨みがしっかり感じられ美味しかったですが、シャコは唯一いまいちだったかな。。。


e0242493_2035772.jpg

e0242493_204395.jpg

e0242493_205850.jpg

e0242493_2054930.jpg


バフン雲丹、墨烏賊、本ミル貝、関あじと続きましたが、本ミルに肝を乗せてくれたのがメチャ美味しかったですし、
関あじはさすがの美味しさでした。


e0242493_209320.jpg

e0242493_20101646.jpg

e0242493_2095956.jpg


大将こだわりの煮方の干瓢巻きと最初の伊勢海老の頭を使った味噌汁で締めです。
干瓢は甘さ、歯ごたえ、どちらもこだわり通り良い出来で、もう少しわさびを効かせても良いかなと思いました。

最後にデザートで和三盆のアイスクリームが出されましたが、ひと口だけ頂きましたが美味しさは抜群でした。


この近辺では断トツに美味しく、しかも洒落ててリピートしたくなるお店です。

最近都内で行っている店との違いはいろいろありますが、あえて苦言を呈すならシャリの温度ですね。

有名店、評判店に比べるとかなり低めなのが気になりました。


今後のさらなる精進に期待したいと思います!!
[PR]
# by drhigekuma | 2013-06-23 20:30 | 外食 | Comments(0)

初、日航東京②

夕飯を済ませた後、アクアシティ内をぶらぶら。

1Fのペットショップをウロウロした後、義兄は食後だと言うのにバーガーキングでワッパーをお買い上げ!
部屋で夜景を楽しみながらバーボンを飲んでいると、いつの間にか完食してました。。。


e0242493_1512115.jpg


寝室とリビングのベランダドアを開けて、さらにガーデンへのドアも開けると都会とは思えないほど気持ちの良い風が通って、この日は寒いほどでした。

ベランダからは遠くにゲートブリッジのライトアップも見えました。


翌朝の朝食は地中海料理「オーシャン ダイニング」とグリル&ワイン「タロンガ」の2箇所から選べたので
焼きたてワッフルが食べられると言う「タロンガ」にしました。


e0242493_151938.jpg


これがその焼きたてワッフルですが、とても美味しく頂きました。
メープルシロップ以外にも蜂蜜、カスタード、ジャムなどたくさん用意されていました。


e0242493_15205541.jpg

e0242493_15224518.jpg


和食コーナーではご飯、味噌汁、お粥に、焼き魚(鯖)、温泉卵、佃煮、梅干しなどが用意されていました。


e0242493_15312129.jpg

e0242493_1532563.jpg


洋食は種類豊富なパン類にシリアル、ヨーグルト、サラダ、ソーセージ、ハム、ベーコン、スクランブルエッグなどが並び、
オムレツや目玉焼きはオーダーすれば作り立てが食べれるシステムでした。


e0242493_15342499.jpg

e0242493_1534581.jpg


僕のプレートと嫁のプレートです。
やはり嫁のほうがヘルシーかな!?

内容的には満足出来ましたし、僕らが入ったときはかなり空いていたのですが
ホールスタッフが2人しかいなかったので、混んで来るとサービスの低下が懸念されました。

この辺がリッツやシャングリラとは比較になりませんが、今後も頑張ってもっと良いサービスを目指して貰いたいですね。

またこういうプランが出たら行くと思いますから。。。
[PR]
# by drhigekuma | 2013-06-19 15:38 | ホテルライフ | Comments(0)