たまには手巻きで

このところお家で手巻き寿司っていうパターンが無かったなぁと思ってました。

イオンの鮮の市の魚屋さんを覗いたら、一つ500円で平貝を売っていたので、
久々に手巻き寿司を食べることにしました。


e0242493_21294395.jpg


手巻き用の海苔はすきやばし次郎も御用達の丸山海苔の最上級焼き海苔、『佐賀のはしり』です。

子供の頃から海苔はかなり高級品に馴染んでいたので、実家では山本海苔の梅の花を使っていました。

日常使い、朝ご飯の時なども梅の花だったので、丸山海苔は頂きもので初めて食べる時は少し緊張しました。
が、かなり美味しい海苔ですし、使い勝手も良いので手巻きの時は重宝しています。


e0242493_2137362.jpg


酢飯は胡麻をまぶしてあります。
酢蓮根を一緒にまぶすこともあって、こうすると食感が楽しくなるんですよ。


e0242493_2141160.jpg


この日のネタは、平貝、ホタテ貝、鮪、平目、いくら、干瓢、沢庵です。


e0242493_2144193.jpg


お酒は石川県が誇る車多酒造の天狗舞の山廃純米吟醸を合わせました。
しっかりした味と口に残る力強さ、ふわーと拡がる吟醸香が特徴です。


e0242493_21505730.jpg


メインの平貝はバーナーで炙っておきました。
平貝は炙ると甘味も増すし、香りも芳ばしくなるのでお奨めです。
海苔との相性も抜群なので美味しくいただきました。


e0242493_21581349.jpg


銚子港水揚げのきはだ鮪の中トロは、美味しい沢庵と一緒に巻いて頂きます。
う~ん、合いますねぇ~!


e0242493_2241032.jpg


嫁が浸けた手作りのいくらも美味しく頂きました。


e0242493_2211836.jpg


ガリも嫁が浸けたお手製です。
干瓢ももちろん嫁の手作り、とても美味しくいただきました!
[PR]
by drhigekuma | 2012-03-31 00:23 | 家ごはん | Comments(0)
<< パスタパスタ お鍋もそろそろ >>