またまた

父の日の前夜、妹家族と両親は行きつけの人形町の天麩羅屋に行くとのこと。

僕らはいろいろあって、しかも天麩羅はあまり得意ではないので伊勢丹の7Fの寿司『魯山』に行きました。


e0242493_2122144.jpg


土曜日の夜とあってやはり混んでいて、17時半から18時50分までと言う限定で席が取れました。


e0242493_2144851.jpg


通されたのは奥のカウンターから曲がったところの席でしたが、たぶんこの店は一番奥が一番良い席で、
そこから徐々にランクが落ちていくシステムなんだと思います。

なぜなら最奥から5席くらいは店長が対応、一番手前ではテーブル席用の握りを握っている職人が陣取っているからです。


e0242493_2192747.jpg

e0242493_2110319.jpg


この日もシャンパンをチョイス。
ブーブクリコのイエローラベルのハーフを2本空け、¥11000くらいでした。


e0242493_21115882.jpg


最初はおつまみで鯵をたたいて貰いました。
綺麗な器に盛られて出てきた鯵はとても美味しい一品でした。


e0242493_21133284.jpg


梅雨入りしたことですし旬の入梅いわしをお刺身で頂きましたが、脂がのって最高でした。

もう一品、前回も美味しかった北海道産のシャコも今回は山葵醤油でさっぱりと頂きました。
これも凄く美味しかったです。

鰹も食べたかったのですがこの日は入荷が無く残念!


e0242493_21173196.jpg


いわしが脂がのっていたので、最初の握りは口直しも兼ねて茄子の漬物の握りにしました。
とてもさっぱりして美味しかったです。


e0242493_212012100.jpg


瀬戸内ものの真鯛を昆布〆にしてあるとのことでオーダー。
昆布〆好きの僕も嫁も大満足の美味しさでした。


e0242493_212153100.jpg


もう一貫白身をということで九州産のはたを頂きました。
コリッとした食感も良いし甘味が後から広がってくる感じが好きですね。


e0242493_2124414.jpg


鯨が入っているんですけど・・・と言う職人。
嫁は躊躇していましたが、食べたことが無いものもチャレンジしないとね!

この日の鯨はナガス鯨だそうですが、ミンクより脂が濃い感じでした。
僕は美味しくいただけましたが、嫁は少しくどい感じでしかも筋ばってる感じが苦手みたいでした。


e0242493_21294952.jpg

e0242493_21302014.jpg


食感が違う二種類の烏賊を楽しみました。
墨烏賊はねっとりした食感と甘味がじんわりくる感じで、しゃりとの相性も抜群でした。

白烏賊は歯切れが良く、噛み心地が良い烏賊でこの食感も好きです。


e0242493_21355766.jpg


この店の一押し、あなごです。
この日は久々に江戸前のあなごが入ったそうですがいつものように美味しいあなごでした。

いつもは2貫頼んで1つはツメで、1つは塩でと行くんですがこの日は2貫とも塩で頂きました。
う~~ん、旨いっ!!


e0242493_21395675.jpg


礼文産の雲丹は甘味が抜群なので軍艦ではなくスプーンの上に握られて出てきました。
これ、良いですよ!


e0242493_2146168.jpg


天然本鮪の中トロです。
鮪本来の酸味と脂の甘味が渾然一体となった良い中トロでした。


e0242493_21482771.jpg


蒸し鮑です。
生もあったんですが柔らかく蒸しあがった食感が味わいたくて選びましたが正解でした。


e0242493_21495837.jpg


最初にたたきで食べた鯵を握って貰いました。
しょうがと芽ねぎがとても素晴らしいコラボレーションで脂ののった身がさっぱりと頂けます。


e0242493_21534311.jpg


大好きなこはだも頂きました。
〆加減は良い感じで、小さめのこはだを味わい深くさせています。


e0242493_21554748.jpg


最後の一品に選んだのは沢庵巻きです。
胡麻と紫蘇がアクセントになっていて、いくらでも食べれそうなくらい美味しかったです。

ご馳走さまでした!
[PR]
by drhigekuma | 2012-06-20 21:58 | 外食 | Comments(0)
<< もう一つの父の日 父の日の朝 >>